新亜光学工業株式会社の競合企業は?

競合企業について

新亜光学工業の主な製品とその未来、競合会社との差別化について

高い技術力を有する新亜光学工業の製品

新亜光学工業は「すべての光をアシストする」会社で、オプトエレクトロニクスの専門企業として一目置かれる存在となっています。
カメラの部品、精密機器が主な製品となります。
主な製品を紹介していきます。

カメラレンズの絞りを自動的に調節する「オートアイリス」、さらにアナログ制御のオートアイリスをデジタル制御するための「ステップアイリス」、そしてシャッタースピードの速さが売りの「シャッターユニット」などがあります。
IRフィルターからダミーガラスの切り替えをするための「TDNユニット」の開発なども行っています。

その他の取り扱い製品としては、デジタルカメラの完成品、太陽電池パネル、通信用海底ケーブル・CSケーブル・USBケーブル等の各種ケーブル、光学用グリス・接着剤等の光学用副資材全般などがあります。
光学分野において様々な製品の特許を取得しているという背景もあいまって、この分野においてトップを走る会社へと成長してきました。

新亜光学工業が目指す未来と競合会社の存在

新亜光学工業が考える光学の未来として、エネルギー分野と医療分野が挙げられます。
自社の優れた技術を活用して、太陽電池パネルの開発など、太陽光発電システムの推進にも貢献しているのです。
クリーンエネルギーが世界的に注目される中、今後光学分野で高い技術力を誇る新亜光学工業の活躍が期待されている部分でもあります。
また、新亜光学工業が作り出すレンズは、通常使用されるカメラの光学レンズだけではありません。
高い技術力が生かされているのは、医療用目的の超高性能のレンズにも及びます。
光学分野における研究開発によって、医療の進歩にも貢献しているのです。

このように、新亜光学工業は一眼レフカメラやデジタルカメラといった一般的なカメラの進化だけでなく、社会貢献における大きな役割を果たしています。
同じくカメラ部品や精密機器に携わる競合会社にあたる存在はありますが、よりよい未来を創造するための会社として、新亜光学工業は一歩リードした会社であるといえるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る