新亜光学工業株式会社の競合企業は?

競合企業について

海外企業とも渡り合える技術

一眼レフからデジタルカメラまで

カメラが被写体を写す時に、レンズとシャッターユニットはとても重要な働きをする部品です。新亜光学工業株式会社はさまざまな精密機器を製造していますが、今回注目したいのはカメラ部品です。新亜光学工業株式会社が得意とするのが、鏡筒を含めたレンズとシャッターユニットです。

日本の有名なカメラメーカーは海外でも高く評価されています。おそらくカメラを日常使わない人でも、何社か日本のカメラメーカーの名前が浮かぶかと思います。CMや量販店でも見かけることもあるかと思います。

その有名な日本製メーカーのカメラにも使われているのが新亜光学工業株式会社の部品です。新亜光学工業株式会社の製品は高品質でありながら価格が安価と言う事で、メーカーからの評価も高いです。

しかもこのカメラ部品は、一眼レフだけに留まらず、デジタルカメラや監視カメラといった幅広いカメラに対応し、製品作りをしています。あなたの身の回りのカメラにも新亜光学工業株式会社の製品は使われているかもしれません。

海外競合企業との関係

新亜光学工業株式会社は海外にも関連会社や海外事務所があります。香港には香港事務所、韓国には新亜韓国株式会社を構え、アジア圏を中心に世界でも活躍しています。

新亜光学工業株式会社は早くに海外進出を果たし、海外企業との繋がりを築いてきました。それは製品や部品の輸出入だけではなく、技術など製品の開発に繋がるような情報の交換などに関してもです。

アジア、特に中国での経済成長は近年でも激しく、光工学の分野で新亜光学工業株式会社が一番注目しているエリアでもあります。日本から技術者を派遣しているので、そういった意味では中国企業も競合企業ではありますが、共同で製品を開発することもある関係です。

一方ヨーロッパはカメラレンズの発祥の地ともあって、競合会社が多いエリアでした。しかし、アジアエリアの経済成長の影響もあり、今ではアジアの競合会社への注目度が高いようです。

日本のみならず世界にも注目されている新亜光学工業株式会社の技術は、これからも進化していくことでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る