新亜光学工業の競合企業は?

競合企業について

ヨーロッパ諸国の場合について

席順の決め方

大手の競合企業が多いのが光光学の分野な為、その中でたまに合同で大きな会議を開催する事があるのです。
その時に、大きな会場を借りて技術発表や紹介を行ったりするのですが、競合企業の中には特定の企業をとてもライバル視している場合がある為、会議や商品発表会を開催する際には、席やブースの配置に注意しないといけないのです。

なので、主催をする場合にはこの点によく注意をして何度も確認を行い、席順や会議の進行を決めないといけません。
会議の内容によっては、とても重要な会議になる事もあるので、ミスをすれば大きな失態に繋がってしまいます。
よく、新社員に会議の内容の確認をさせる事が多いこの季節ですが、重要な会議であればベテランの社員を付けるなどして対応をするべきだと思います。

出席者の役職

会議に出席をお願いする際にも競合企業の重役や役職付きの誰を会議に呼ぶべきなのか、その際に前の記事でも紹介したように、席順や進行を注意して決めないといけません。
特に、出席者の選択は、主催する企業だけではなくその会議に出席をしなくてはいけない企業の中でも誰に代表として会議に出席をお願いするのか悩むそうです。

競合企業の社員同士でも長年の付き合いがあり、お互いライバルと感じている人もいる為、片方が会議に出席をしていないだけで、仕事が一緒になった時に嫌味でその事に触れてしまい、相手の逆鱗に触れて大きな仕事にも支障が出て双方の企業に多大な損害が出てしまったケースもありました。
なので、出席者の役職に注意をして会議を開催するようにした方が良いのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る