新亜光学工業株式会社の競合企業は?

競合企業について

カメラの細かい部品を作っています!

新亜光学工業株式会社が作るカメラの部品とは?

カメラにはたくさんの部品が使われています。その中で被写体とのピント調節にかかわる鏡筒。その部品には新亜光学工業株式会社の技術が活躍しています。

写真を撮る時、被写体から離れすぎても、近すぎても被写体は綺麗に写りません。どちらの場合でもぼやけてしまいます。こういう時にレンズは撮影者や被写体が動かなくてもピントを合わせてくれる働きをしてくれます。このレンズと同じような働きをするのが鏡筒です。

これ以上被写体に近づけないという時に、鏡筒をつけることで、被写体をより近くに写すことができます。鏡筒を使い、被写体に近くことで綺麗な写真を撮れるようになります。

そして新亜光学工業株式会社が作る部品にはシャッターユニットもあります。シャッターを押して実際に撮影されるまでの時間が空いてしまうとせっかくのシャッターチャンスを逃す可能性があります。シャッターチャンスを逃さないシャッターユニットはカメラ製造会社からも注目されています。

競合会社はいるのか

新亜光学工業株式会社の鏡筒とシャッターユニット。品質がいいのに価格が安価という点で選ばれています。しかし、新亜光学工業株式会社は現状に満足することなく、向上心を持って製品開発を行っています。売上を伸ばす為に社員が一丸となって努力をし、改良できる所はないかと考え続けることが最大の強みでしょう。

創業してから20年ほどなので、決して老舗の企業という事ではないのですが、一眼レフ以外にもデジタルカメラや監視カメラ、スマホのカメラにも新亜光学工業株式会社の製品や技術は利用されています、また新しい技術を開発して特許を取得していることから、その部分に関しては他の競合会社から抜きん出ていると言ってもいいかもしれません。

そのため、数多くある競合会社の中でもカメラ業界を牽引する企業の1つといっても過言ではないでしょう。実際に、カメラメーカーからの信頼の厚さもあります。そういったことから、同じ製品を製造する会社は数多あっても、差別化を計れた企業と言えるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る