新亜光学工業株式会社の競合企業は?

競合企業について

新亜光学工業に競合会社はあるのか

新亜光学工業の技術力はどこで活躍してる?

新亜光学工業ではカメラの細かい部品を製造しています。
カメラの大事な部品といえばレンズがありますが、美しい写真を撮るにはレンズが高性能なだけでは不十分です。

綺麗な写真を撮影するには、カメラと被写体との距離、ピント合わせが重要となります。
自身が被写体に近づかなくても適切な距離に調節できたり、これ以上被写体に近づけないという場合に活躍したりするのが「鏡筒」です。
新亜光学工業の高い技術力が活用されているものとして、この鏡筒が挙げられます。

そしてピントをうまく調節できたら次はシャッターを切ります。
ここでも新亜光学工業の技術力が発揮される部品として「シャッターユニット」があります。
シャッターを切るときはスピードが重要です。
シャッターを切ってから撮影までの時間がかかると、シャッターチャンスを逃したり、画像がぶれてしまったりするためです。
新亜光学工業のシャッターユニットは、シャッターを切る際のすばやさに優れているのです。

国内の競合会社といえば?

新亜光学工業は、光学分野、特にレンズユニットにおいて優れた技術をもって活躍しています。
幅広い知識や高い技術を有する技術者を中心とし、開発・設計を20年以上にわたり行っています。
20年以上といえばまだまだ新興企業だと思われるかもしれませんが、常に市場ニーズに応じた製品開発をすることによって、様々な取引先を獲得してきました。

そして特筆すべきは製品の性能にとどまりません。
高品質でありながら低価格で提供する姿勢が、顧客の拡大につながっているといわれています。
社内の技術者による技術開発力を生かしながら、中国生産企業と提携をすることで価格帯を抑えるなどといった企業努力の賜物といえるでしょう。
このように低価格を実現することで、他社との差別化を図っています。

また光調節装置に関する特許を取得しているなど、その分野に関しては他社からリードしていると考えてよいでしょう。
カメラ部品に関する競合会社は国内に数あれど、今や新亜光学工業はトップを走る会社となりつつあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る