新亜光学工業株式会社の競合企業は?

競合企業について

新亜光学工業の技術と競合会社の存在について

特許も取得している新亜光学工業

新亜光学工業の主な製品としては、オートアイリスやステップアイリス、シャッターユニットなどがあり、光学分野、とりわけカメラ分野で活躍しています。
さらに大きな特許をいくつも取得しており、取引先からの信頼性も高い会社です。

新亜光学工業が取得している特許は、主に「光をアシスト」するものです。
まさに「すべての光をアシストする」という会社のキャチコピーにふさわしいといえるでしょう。
たとえば、撮影に邪魔な赤外線の遮断、その調節装置の軽量化を実現したのがこの会社です。
これらの技術は、CCDといった小型カメラやデジタルカメラなどの精密機器において今や欠かせないものとして搭載されています。
その他、電子機器類の小型化・軽量化においても成功しており、様々な特許の取得につながっています。

ただこの「特許」は、新亜光学工業ではその技術を独占するために出願しているわけではなく、根底には「皆で分かち合いよりよい未来を築こう」という理念があるのです。

国内・海外における競合会社の存在は?

国内、海外においてもカメラ部品を製造する会社は無数にあります。
そんな中、新亜光学工業にとって競合会社といえる存在はあるのでしょうか。
実際、新亜光学工業と同様に「光」に関する製品の開発設計で活躍する会社も多く、その存在は否めません。
しかし、特許をいくつも取得していることからも分かるように、この分野において、新亜光学工業は競合会社たちを牽引する立場にあるといえます。

また、時に競合会社と合同で何かに取り組んだり、情報共有したりすることもあります。
これは、新亜光学工業が常に進歩し続けようという理念のもと行われているものです。
現状維持ではなく、市場ニーズに応じた最先端のものを製造してよりよい未来を創造するという思いがそこにあります。
特に海外との取引を早くから実施しているなど、積極的に情報収集を行いカメラや精密機器製造に生かしてきました。
新亜光学工業にとって競合会社とは、ただ売り上げを競うライバル会社という位置づけではなく、切磋琢磨して技術を高めるための存在といえるのかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る