新亜光学工業株式会社の競合企業は?

競合企業について

監視カメラを支える企業

監視カメラと安全性

現在の多くのお店では、少なくとも数個、多い所では数十個のカメラがついています。大きな店舗ではリアルタイムで不審者がいないかチェックし、来店者の安全を守っています。常にリアルタイムでの監視をしていない店でも、なにかトラブルや事件があった際には監視カメラで録画した映像が役立てられます。

どちらの場合でも、重要になるのがカメラの性能です。そういった点からも多くの店舗では、性能の高さに定評のある新亜光学工業株式会社の部品が使われた監視カメラが導入されているようです。

店舗以外でも、社員の出入りが主になる会社でも監視カメラは使われています。仕事の管理が使用目的なこともありますが、顧客情報の保護の観点から情報が漏れないよう、人の出入りの監視にも使われます。

特に夜になると光が少なくなるため、一般的には画像が悪くなってしまいがちです。しかし、新亜光学工業株式会社の部品が使われた監視カメラなら綺麗な画質を残すことができます。

業界の牽引者

新亜光学工業株式会社に限らず、日本の精密機器メーカーの製品は海外評価は非常に高く、日本製でないと安心できないという海外メーカーもあるほどです。日本人にとっては嬉しくもあり、誇りですよね。

日本の企業は昔から技術力の高さいに定評があります。そのため、カメラ自体はフランスが発明したものですが、今となっては日本の技術力は世界トップレベルと言えるでしょう。カメラの主流は一眼レフよりもデジタルカメラやスマホのカメラ機能に移りつつありますが、それでも日本のカメラ技術は世界的に高く、依然世界を牽引しています。

光を調節し、暗い所や非常に明るい所でも綺麗な画質になる様に自動で調節する技術は、新亜光学工業株式会社の保有する技術で、デジタルカメラでも監視カメラにも不可欠です。

そんな新亜光学工業株式会社の競合会社はヨーロッパ諸国よりも、急成長を続けるアジアにあります。会社から技術者の派遣が行われて、今後も発展していくと思われるアジアですが、共同開発をすることもあり、いい関係性を持っています。お互いが切磋琢磨することにより、この業界はますます高度な技術を得ていくことでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る